しごと探しを応援!ご利用無料!(東京都委託事業)

東京しごとセンター

多摩地区の方

新着・イベント情報

【5月20日(水)開催】 多様な働き方セミナー「NPOで働く!〜障がい者のスポーツを支えるしごと〜」 [2015.5.11] 



= 定員に達したため受付を終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。 =



「NPOで働く!〜障がい者のスポーツを支えるしごと〜」

多様な働き方のひとつとして、NPOを取り上げます。

NPOは個々の団体が持つビジョン(構想)とミッション(使命)に基づいて、社会の課題解決のために活動する組織です。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決まり、「オリンピックボランティア」という言葉がよく聞かれるようになりました。

しかし、皆さんは障がい者スポーツに関してもう一つのオリンピックがあることをご存知でしょうか。

本セミナーでは知的障がいを持った人々がスポーツを通して社会参加や自立するための取り組みをしているNPOを取り上げます。
福祉の分野にもこのような活動への取り組み方があることを知っていただき、NPOで働く視野を広げていただきたいと思います。




【日 時】平成27年5月20日(水) 14:00〜16:00 (開場 13:30)

【会 場】東京しごとセンター  地下2階 講堂東京都千代田区飯田橋3-10-3

【対 象】
    NPOや福祉系NPOに興味や関心のある方、働きたい方
    障がい者支援やスポーツ分野のNPOで働きたい方・興味のある方
    NPOの設立を考えている方

【参加費】無料

【定 員】先着80名 (要予約・定員に達し次第締切)

【託 児】
    対象は、1歳から就学前のお子さま
    (定員あり 事前申込必要=5月13日(水)まで 完全予約制 ご利用は無料です)
    ご希望の方は、お電話または総合相談係にお申込ください。
    ・お電話 03-5211-1571 東京しごとセンター(飯田橋) 総合相談係
    ・窓 口 東京しごとセンター(飯田橋)1階 総合相談係

【内 容】
    ・NPOとは何か? NPO法人とボランティア活動の基本、認定NPO法人について
    ・障がい者のスポーツ支援を通したNPOとの関わり方、役割、働くこと 
    ・「スペシャルオリンピックス日本・東京」とは?その活動・役割 など


【講師紹介】
峰岸和弘(みねぎしかずひろ) さん
認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・東京 理事・事務局長 

1959年、東京都生まれ。フリーライター。中央大学文学部卒業。大学卒業後フリーライターとして、経済系の雑誌・書籍の執筆に従事。
2002年、東京で開催されたスペシャルオリンピックス日本の全国大会に、ボランティアとして参加。
活動の本質に共感し、次第に組織運営を手伝うようになり、2005年からは事務局長に就任。
常勤スタッフを務めるとともに理事に就任し、現在に至る。
事務局長として認定NPO 法人となるための組織整備に力を注ぐ中で、NPO 経営のノウハウを身につけ、講演活動を行うようになる。
現在、明治大学リバティアカデミー「NPO 法人の経営学」講師ほか、いくつかの大学で学生対象の講義にも携わっている。


増田絵里(ますだえり) さん
認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・東京 事務局員 

上智大学文学部社会福祉学科卒業。社会福祉士。
大学卒業後、医療ソーシャルワーカーとして一般病院、療養型医療施設に勤務。
同法人内での介護老人保健施設立ち上げに関わり、支援相談員としての勤務も経験。
その後、大学病院にて医療ソーシャルワーカーとして様々な相談業務に携わる。
2010年3月より認定NPO 法人スペシャルオリンピックス日本・東京事務局員として勤務。


【団体紹介】
認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・東京(SON・東京)

1994年10月設立。2004年5月、NPO法人取得。2007年6月、国税庁長官認定の認定NPO法人になる。
スペシャルオリンピックス(SO)とは、知的障害のある人々(アスリート)の自立と社会参加を目指し、
水泳、陸上、体操、バスケット、スキー、スケート等のスポーツプログラムと、その成果の発表の場である競技会を提供する国際的なスポーツ組織。
1962年にアメリカの故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバー夫人が、自宅の庭を開放して開いたデイ・キャンプが、その始まりとされている。
1968 年にジョセフ・P・ケネディJr.財団の支援により組織化され、「スペシャルオリンピックス」となり、全米から世界へと拡がっている。
1988 年に、国際オリンピック委員会(IOC)と「オリンピック」の名称使用や相互の活動を認め合う議定書を交わす。
本部はワシントンD.C.にあり、170 ヵ国以上で、約370万人のアスリートと85 万人以上のボランティアが活動に参加している。
日本における本部組織である公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(SON)(初代理事長:細川佳代子さん、
現理事長:有森裕子さん)は、日本におけるSO活動の普及を担うとともに、全国大会の開催や世界大会への選手団派遣を行っている。
一方スペシャルオリンピックス日本・東京等、都道府県単位の地区組織は、SO活動の実践に取り組んでいる。
認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京は、2014年に創立20周年を迎え、11月に盛大な記念式典を開催した。
また、2015年7月25日から8月2日までアメリカ合衆国ロサンゼルスにて「2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」が開催される。
日本から118名(アスリート77名、パートナー6名、役員・コーチ35名)の選手団が派遣され、
このうち27名が、SON・東京のアスリート(18名)、パートナー(3名)、コーチ(6名)である。

認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京 http://www.son-tokyo.or.jp/
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本 http://www.son.or.jp/


【お申込み・お問い合せ先】
東京しごとセンター 総合相談係へ
TEL:03-5211-1571


>>>チラシ(PDFファイル2ページ・270KB)

※個人情報の取り扱いに関しましてはプライバシーポリシーをご覧下さい。

※セミナー受講にあたり、東京しごとセンターのご利用が初めての方には、東京しごとセンターの利用登録が必要となります。
当日会場にて利用登録のご案内をいたします。