しごと探しを応援!ご利用無料!(東京都委託事業)

東京しごとセンター

多摩地区の方 はたらく & TOKYO

新着・イベント情報

【12月16日(火)開催】 多様な働き方セミナー「協同労働って何だろう?」〜仕事をする人が経営を担い、地域に役立つ働き方〜 [2014.11.14] 



= 定員に達したため受付を終了いたしました =



「協同労働って何だろう?」〜仕事をする人が経営を担い、地域に役立つ働き方〜


多様な働き方のひとつとして、協同労働を取り上げます。

“協同労働”は、一人ひとりが 「経営」「労働」「出資」を担い合う働き方です。 “ワーカーズコレクティブ”“ワーカーズコープ”と称する組織のことになります。

本セミナーでは、協同労働とは何か、という基本的なことをはじめ、事例紹介による成果や課題、働く人に求められる心構え、モチベーションなどを講師にお話ししていただきます。

さまざまな働き方を理解して、働き方の選択肢を広げるきっかけにしていただけたらと思います。


【日 時】
平成26年12月16日(火) 14:00〜16:00 (開場 13:30)
【場 所】
東京しごとセンター  地下2階 講堂
東京都千代田区飯田橋3-10-3
【対 象】
協同労働に関心がある方、働きたい方
【参加費】
無料
【定 員】
先着80名 (要予約・定員に達し次第締切)
【託児】
対象は、1歳から就学前のお子さま
定員あり 事前申込必要 12月9日(火)まで 完全予約制 ご利用は無料です。
ご希望の方は、お電話または窓口でお申込ください。
・お電話 03-5211-1571 東京しごとセンター(飯田橋) 総合相談係 
・窓 口 東京しごとセンター(飯田橋)1階 総合相談係

【内 容】
・協同労働とは何か
・協同労働の成果と課題
・事例紹介
・これから働きたい、始めたい方へのアドバイス など

【講師紹介】
酒井 厚行氏
日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団 東京南部事業本部 本部長・理事
昭和54年生まれ。近畿大学商経学部卒。平成15年に日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団入職。現在に至る。
【団体紹介】
日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団
ワーカーズコープは、働く人々・市民がみんなで出資し、民主的に経営し、責任を分かち合って、人と地域に役立つ仕事をおこす協同組合。出資・労働・経営が一体化した協同労働という新しい働き方に特徴がある。
協同労働は、働く者らが自ら就業規則を定め、自分たちでお金や知恵を出し合ってみんなで力を合わせて働く。活動は、昭和46年、中高年を中心とする失業者の働く場づくりから始まった。
他に生協の女性たちによるワーカーズ・コレクティブや農産品の加工などを行う農村女性ワーカーズなども上記団体と一緒に協同労働運動を進めている。


【お申込み・お問い合せ先】
東京しごとセンター 総合相談係へ
TEL:03-5211-1571

>>>チラシ(PDFファイル2ページ・492KB)

※個人情報の取り扱いに関しましてはプライバシーポリシーをご覧下さい。

※セミナー受講にあたり、東京しごとセンターのご利用が初めての方には、東京しごとセンターの利用登録が必要となります。
当日会場にて利用登録のご案内をいたします。




このページの先頭へ